読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店の毎日

小さい商店と猫の記録。

4/28 sun 晴れ メモの日付一日ずれてる。

iPhoneアプリのメモを使ってて日付がずれてる。

なんでやねん。こんなん自動やないの?

 

きょうはいつもの歯医者でなく肉体労働を終えたシキさんがせっかく行った千住の銭湯が休みだったと少し怒りながら入ってきた。何湯か忘れたなあ。で、ちょうどふみえちゃん(以下ふちゃん)も来てて茶飲み話に花が咲いた。ふちゃんが「ジョジョ、って知ってます?わたしジョジョって勝手に頭のなかでトトロみたいなアニメだと思い込んでて、この前テレビでジョジョみてびっくりして」と話しをシキさんに振った。シキさんがジョジョを知らないわけがなく波動の話から荒木さんの最初の作品『ゴージャス☆アイリン』、「バオー来訪者」を経てジョジョまでの経緯をそれはそれは熱くくわしく話してくださいました。

「知識の幅がひろいんですね」と感心するふちゃんに

「浅いんだと思います、所詮浅はかな人間なんで」と会話してらっしゃいました。そのあともジョジョから大学生活まで話しが進んでシキさんは一個ぜんぜん単位とれない学科の話しをしてて「大学の答案用紙なんて教授へのラブレターですから。教授の気に入る答えを書けばすむんですよ」て言って「好きだったんですか?教授のこと」と聞かれて「いえ、ぜんぜん」て終わった。

聞いてるわたしからすれば単位を落としてるから、ラブレター書けないわけだから好きであるはずがなくてそこで「好きだったんですか?」って突っ込んでるふちゃんがおかしかった。

そして入れ替わりで立川吉幸さん来てくださる。シキさんはもともとらく里さん、吉幸さんの落語会で来てくださったおふたりのお客様なので「いれかわりで、いま、シキさん帰ったとこですよ〜」というと電話を吉幸さんシキさんに電話かけたんだけど「日曜劇場観るから戻りません、って言ってました。」ってことで夫、そして吉幸さんから呼び出しメールもらった中学生のお友達Nちゃんきてびっくりした、と思ったらNちゃんのお父さんもきた。そのままサラブレッドの種付けおみこしの話しややぎの話し、芸のはなし。

ドクターから噺家さん、中学生までいろんなひと集まりいの。

「芸っていうのは結局個性、上手い下手じゃない。下手でもそれがじぶんが弾いてるってひとに分かればいいんだよ。」

「みんな平気だけどほんとはキスってすごいばい菌まみれなんだから。キスするより、肛門なめるほうがよっぽどきれいなんだから」

 

今日の名言でした。