読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店の毎日

小さい商店と猫の記録。

昼めし旅

今日は休みでテレ東の昼めし旅が東大生の学食だったので見てる。昼めし旅始まった頃にうちのお店もお声がけいただいて出させてもらった。菅谷ちゃんとかいたからもう三年前くらい?ゴイと呼ばれるベトナムの甘酸っぱい和え物サラダをごはんにかけて食べるのが私たちのなかで流行ってて「それ面白い」てプロデューサーに言われて結局「ゴイ丼」で出たんだよね。ゴイ丼が面白いから出られたわけじゃないんだけど。

テレ東は、オープンしたてのころも「5時に夢中」にお声がけもらったり、富士山ケーキと呼ばれるベトナムのケーキが面白いって「男子ごはん」にも。この男子ごはんのスタッフの方がハノイハノイを覚えていてくださっててベトナム料理といえばそういえば、って思い出していただいたのがTBSの「アブナイ夜会」ディーンさんの好みの牛フォーを作っているお店を探せ、ってことで都内をしらみ潰しにあたられたみたいで。たまたまうちがお受けすることに。他にもドラマやニュース、スッキリとか、こうしてみるとたくさん出していただいてるなあ。

最初のロケはタカアンドトシさん温水さんなどの旅番組だったかなあ。

まわりの人からは「旦那さんの仕事の都合でテレビにたくさん出てる」って言われたり。

わぁ、人の噂って怖いなあと。そんなコネなんて1ミリも持ってないのになあ。

「人の言う事は信じるな、じぶんの目で見て耳で聞いてことだけ信じろ」って幼い頃から母に言われて育った(でもそれは母がじぶんに言い聞かせてたんじゃなかろうか)のでぜんぜん平気だったけど。

そういえば昨日まで、和歌山に嫁いだきょうこちゃんがさくらちゃんを連れて2週間東京に里帰りしててこのさくらちゃんが何だかわかんないけども孫のようなんだよなあ。

そのきょうこちゃんとは、8年?9年前くらいかきょうこちゃんが東京でベトナム料理をやりながら某お店の立ち上げで料理の監修をやってるときにお皿をうちに探しに来たのが出会い。

わたしはきょうこちゃんにひとめぼれして、つるちゃんも送別会でひとめぼれしてうちのスタッフに、って口説いたのがきっかけだなあ。

きょうこちゃんがうちのバインミーをとても美味しいと喜んでくれ、じぶんのアルバイト探しの話しをしてたりして「だったらうちで手伝ってくれればいいのに」と話が進んで。

結婚が決まって和歌山に行く前にノート一冊のレシピを置いていってくれました。コーヒーとバインミーとちょっとやってればいいかなと思ってたお店で、ここまでメニューの幅がひろがったのはきょうこちゃんとつるちゃんとの出会いが全て。そしてここでまたお店をどうやっていくか、考えるところに今また来てる気がする。

それはさておき、そのきょうこちゃんが出会ってすぐのわたしの誕生日に作ってきてくれたのが「富士山ケーキ」その外見も味ももう未知の未知の未知との遭遇で。ほんとに感動して。「この富士山ケーキでテレビに出るよ!」って叫んで。えーそんな感動してってみんな大笑いしてた。きょうこちゃんからレシピ教えてもらってお店でやり始めて、それが目に留まって、男子ごはんに晴れて「富士山ケーキ」登場。国分さんが「え?これ甘〜いえーえー」みたいなコメントに「お、美味しい。こう気候が違いますからねー暑いベトナムで食べたらすごく合う、美味しいって思う」ってケンタロウさんに言っていただいて。いまこれ書きながら、きょうこちゃんがちょうど帰ってきた事もあって行き詰まりまくってたお店への思いをちょっと改善できる気がしてきた。

そうだよなあ、好きなひととやりたいことをやらなきゃなあだなあ。